eureka

Gitで新規ファイルが無視されているとき疑うべき.gitignore_global

0

gitで管理しているプロジェクトでファイルがコミット対象に認識されない件で、先日に引き続きやはり新規ファイルを作成しても認識されなくなってしまったので、これはいかんと重い腰を上げて調査することに。

ちなみに先日やった、強制的にステージングに上げる方法はこちらで。
Gitで無視されているファイルを強制的にステージングへ追加する

結論、.gitignore_globalのせいだった

遠回しに言うのは好きじゃないので、結論から言うと.gitignore_globalが悪さをしていた。

ターミナルで下記のコマンドを実行する。

$ cd ~
$ vi .gitignore_global

するとファイルの中はこんな感じになっていた。

*~
.DS_Store
index.vue
settings.json

index.vue!!!(今はnuxtのプロジェクトなのでまさしくこいつ)

ここに記述があったために新規ファイルは読み込んでくれなかった模様。
viエディタの中でddコマンドで行削除して保存&退出。

dd
:wq

SourceTreeを見ると時間差はあったもののちゃんとindex.vueを認識してくれた。
めでたしめでたし。

.gitignore_globalとはなんぞや

Gitのファイル管理をコントロールする.gitignoreは聞いたことあるけど、.gitignore_globalは初耳だった。

だいたいのプロジェクトは1
そもそも.gitignore_globalはなにかというところで、

0